現場で頑張ります!!

2016/11/09 18:17 に ユーザー不明 が投稿

こんにちわ、タジマです!(^^)!

今回は、前回の「落ちるまであきらめません」の第2弾です。

今月末大分市内の郊外型の某商業施設の地下水タンクの洗浄に参加します。

このタンク洗浄のお手伝い、昨年お客様の事務所での「毎年スゲーでかい地下水のタンクの洗浄で苦労しよんのよ」という何気ない会話から始まりました。

タンクの仕様はFRP400(高さ2.5mx横8mx奥行20)の大型タンクで飲料水以外の用途で使用するものです。ちなみにタンク内の喫水ラインはタンク底から約230cmで手洗いだと足場が必要です。断水可能時間は商業施設の閉店時間である2300から開店時間の翌朝1000までです。水抜き時間と貯める時間を引くと約5時間で作業を完了する必要があります。(ちなみに作業人員は3)しかも、地下水をくみ上げ、使用しているために、「汚れ」もマンガン・鉄分のオンパレードで、「真っ黒」な状態です。そもそも「地下水」タンクで汚れがひどいうえに、大型タンクで作業も繁多、さらに断水時間まで制限されるという、一般的にはあまりありがたくない(笑)条件での洗浄作業です。なので(?)、この話を聞いた時のタジマの第一印象は「うん!これはおいしい現場だ♪」でした。

「お客様が困っている状況を打破することが自分の使命の一つである上に、これだけの条件を現場で解決するチャンスをいただける」ことが何より嬉しかったのです。

そこで、昨年の現場作業では、「テマナク」「S増粘」「粉末」他メーカーの製品を持ち込んで作業に臨みました。作業工程は、高所の作業面が多いので、まず高圧ジェットで水洗い、その後噴霧器で噴霧、最後高圧ジェットですすぎとなります。これまではこの工程を3回(噴霧器以降)を繰り返さないと完了できない状態だったようです。それをできることなら1回に減らし、作業時間の短縮を図ることを目的に現場作業に臨みました。最初「S増粘」を噴霧器で使用するために希釈したものと、粉末を溶かした溶液、「テマナク」を噴霧器で

試してみました。結果「S増粘」の希釈タイプが最も効果的だったのですが、実際の作業では1回の噴霧では落ちきれず、2度洗浄が必要でした((+_+))作業時間は例年より1時間程度短縮できましたが、「強力タイプの液体洗剤があるともっと早く終われるよね~」というお客様の声もあり、今年は新製品の「テマナクX」を準備して、目標は「1回洗いで終了。明るくなる前に撤収」です。結果は次回報告しますね~(^^

Comments