身近な物で実験♪

2016/12/14 0:43 に 価値観経営メソッドTEAM が投稿

こんにちは、せれくとケミカルラボの松原です(^^)
今回は、ちょっとした実験をしてみました♪

実験台になったのは・・・私の愛用しているコップちゃんです。

コーヒーや紅茶、緑茶などを飲むとこの通り(><)

あっという間に汚れてしまうんです。
まだ新しいのにな~とショックを受けていると、
「テマナクS増粘で落とせばいいじゃん」という声がΣ(・`д・´;)

正直、最初は「え、テマナクで落ちるの?」と何故か疑っていました(笑)

ですが、さずがテマナクS増粘ですね(≧▽≦)
ピッカピカに落ちました♪

実はこれ、裏話がありまして・・・

そもそも私のコップを綺麗にするきっかけになったのは、
以前、「絶対落ちなかった汚れが落ちた!」という嬉しい言葉を頂いた方の方法を試してみようということから始まりました。

実際に貯水槽でなると、お客様の仕事の都合もあるしな・・・と迷っていた時に!

「すぐ汚れる、普通の洗剤じゃ全然落ちないー。新しいコップなのに(´;ω;`)」と、ショックを受けていた私のコップが目に入った訳です。


さて本題です。
実際に検証をしてみた結果を、お客様の方法と比べてみました。
【お客様の方法】
16トンの地下原水槽に対し、テマナクS増粘を40キロ
つけ置き期間:3日
【ケミカルラボ実験】
松原のコップ  約250ccに対し、テマナクS増粘をキャップ一杯
つけ置き期間:2日

検証してみた結果、タンクサイズやテマナクを入れる量・つけ置き期間で色んな可能性があるということがわかりました。
色んな可能性があり、色んなバージョンの検証が必要ですね(^^)

何日か経った後に、今度はテマナクS増粘の量を変更して検証をしてみました。
テマナクS増粘をほんのちょびっと、キャップ3分の1あるかないかな位です。

結果は・・・・失敗です(><)

「あれれ?この前みたいに綺麗に落ちていないぞ?」
と思いながら、色々と考えました。
1つだけわかったことは、テマナクS増粘の量も関係しているということです。
少なすぎては綺麗に落ちない。
どの位の量がベストなのかわかると、お客様にとってコストのダウンもなるのではないか( ・`∀・´)

失敗したからこそ、新たなヒントをゲットすることができました♪


これからも色んな方法を試していきます(^^)

ケミカルラボは、お客様の悩みを一緒に解決するために常に試行錯誤をしております。

些細な意見でも、私共にとっては大切なヒントとなります。
いつもでもお悩みをお聞かせくださいませ(^^)

Comments